棋聖戦 一次予選 竹内雄悟五段vs藤井聡太七段の棋譜速報!ゴキゲン中飛車


第91期ヒューリック杯棋聖戦 一次予選の竹内雄悟五段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

竹内五段はゴキゲン中飛車にしました。

それに対して、藤井七段は6四に銀が出る超速ですね。

竹内五段も6六に銀が出て、銀対抗にしましたが、藤井七段はもう1枚の銀も繰り出して、2枚銀の形にしました。

突き捨ててから桂跳ね

藤井七段vs竹内五段

藤井七段は△8六歩▲同歩を入れて、△7三桂と跳ねました。

先に突き捨てても、とがめられないということでしょうね。

▲8八飛と回る手は見えますが、△6五桂▲6八角△5五銀左▲同銀△同銀で、▲8五歩は△5六銀で角道を通して飛車に当たりますので、8三歩成が間に合いません。

ということで、問題ないですね。

ゴキゲン中飛車の創始者、近藤正和六段は▲5九金左という手もあると解説されていました。

△6五桂に▲6八角と引けるようになります。

△5五銀左と歩は取られますが、▲同飛△同銀▲6五銀と銀桂と飛車の2枚替えになります。

一段金飛車打ちに強しで、飛車を渡しても、そこまで怖くありませんので、先手としても十分戦えます。

なので、▲5九金左には、△5二金右と一手入れるという解説でした。

スポンサードリンク

竹内五段は▲7八金とあがって、△6五桂▲8八角で受けました。

自然に見える手が実は危ない手だった?

藤井七段vs竹内五段

5六銀と出て、5筋を手厚くしましたが、藤井七段は堂々と△5五銀左と取ります。

▲6五銀も▲同銀直もどちらも見えるところですが、竹内五段は▲同銀直と取りました。

△同銀▲同銀と進むと、△6九銀の割り打ちで、金を取って飛車が成れますので、それで勝てるということですね。

なので、▲同飛と取りましたが、△同角▲同銀△5七桂成が入ります。

竹内五段の勝負手

藤井七段vs竹内五段

▲5四銀と捨てて、角成りを見せた勝負手ですね。

△3三銀と冷静に受けるのもあったと思いますが、藤井七段は△同歩▲1一角成を許します。

△2二銀▲1二馬で馬は使えませんので、特に成られても問題ないということですね。

△1一銀打まですれば取れますが、そこまでするのであれば、最初から成らせないほうが良さそうです。

なので、△6九飛▲3八銀△4八銀とここで一気に攻めていきます。

両取りのピッタリな切り返し

藤井七段vs竹内五段

▲6六角と打って、2二の銀取りと▲4八金△同成桂▲同角と2枚替えの両狙いですね。

これで切り返せれば、竹内五段にもチャンスが回ってきそうですが、△5五飛が銀取りを防ぎつつ、▲4八金△同成桂▲同角に△5八飛成を見せて、ピッタリでしたね。

▲同角△同歩▲7九飛と受けましたが、△4九飛成▲同飛△同銀不成▲同銀とバラされてしまい、受けがなくなりました。

投了図以下

藤井七段vs竹内五段

最後に竹内五段が攻めかかりましたが、藤井七段が読み切って、ここで、投了となりました。

詰みはありませんので、迫るのであれば、▲4一飛成ですが、△3九角▲1八玉△3八龍までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*