棋王戦挑決トーナメント 佐々木大地五段vs谷川浩司九段の棋譜速報!相掛かり棒銀


第45期棋王戦挑戦者決定トーナメントの佐々木大地五段と谷川浩司九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は相掛かりになりましたね。

谷川九段は棒銀にしました。

最近は棒銀よりも桂馬で攻めていくほうが増えている感じがしますが、あえて棒銀を選択したという感じでしょうか。

指されなくなれば、研究していない可能性も高いですし、うまくいく可能性が高くなりますからね。

対して、佐々木五段は腰掛け銀にして、ゆっくりした展開を目指しました。

銀交換はせずにB面攻撃

谷川九段vs佐々木五段

8六歩と合わせていつでも銀交換できますが、それは残したままにして、△2六歩と飛車を攻めて、B面攻撃ですね。

▲同飛は△1五角で飛車が取られてしまいますので、▲6八玉とあがって、△2七角。

角には角の格言通りに▲5八角と打って受けました。

次は▲4七銀~▲3八銀で角が取られてしまいますので、後手は忙しいですね。

すぐに▲3八金と取りにいくのは△同角成▲同飛△2七歩成と、と金ができますので、後手としても悪くありません。

なので、すぐに取られる心配はありませんが、2手のうちに何かする必要があります。

スポンサードリンク

銀交換して角がつかまる展開に

谷川九段vs佐々木五段

8五の銀をさばいていきましたが、▲3八銀と打たれて、角がつかまってしまいました。

結果的に角が早く取られるようになってしまいましたが、助けるのが難しかったですし、仕方ないですね。

角が取られても、手が作れれば十分ですので、ここからどうするかですね。

谷川九段は△2七銀と打っていって、金銀交換します。

金駒で攻め続ける

谷川九段vs佐々木五段

谷川九段は駒損ですので、攻めていくしかないですね。

角が逃げると、△2五桂で飛車が取られてしまいますので、▲3五歩と飛車の可動域を広げつつ桂頭を狙っていきます。

そこで、角を取って△4九角▲6八玉△2五桂と攻めていきます。

飛車を成らせる罠

谷川九段vs佐々木五段

谷川九段は飛車を追っていって、△1九成銀と香を取ります。

▲6三飛成が見えますが、△6二香で龍が取られてしまいます。

当然、佐々木五段は見抜いて、▲3五角と合わせていきました。

△同馬▲同飛となれば、馬を消しつつ飛車をいい位置に持ってくることができます。

ということで、△6四香と飛車を取りにいきました。

角を取られて、▲5三角成も入ってしまいますが、仕方ないということですね。

後は佐々木五段が手厚く指して、谷川九段に反撃させませんでした。

投了図

谷川九段vs佐々木五段

ここで、谷川九段の投了となりました。

馬を2枚とも自陣に引きつけて、谷川九段の攻めをなくしましたね。

続けるとしたら、馬を取るか龍が逃げるかですが、龍が逃げても、香がありますので、捕まってしまいます。

なので、△同龍しかないですが、▲同馬のときに手がないですね。

佐々木五段は飛車を降ろしたり、2三歩と叩いたり、手には困りません。

続けても仕方ないということで、投了やむなしですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*