第3期AbemaTVトーナメントは団体戦!ドラフト会議開催


第3期AbemaTVトーナメントドラフト会議

第3期AbemaTVトーナメントも通常通り行われて、藤井七段が三連覇するのか、それとも他の棋士が阻止されるのかと思いきや・・・

なんと、団体戦になりました。

3人1組を1チームで、計12チームあります。

そのチームを3チームずつの4つのリーグに分けて戦い、上位2チームが本戦トーナメント進出となります。

リーグ戦は総当たり戦で、3対3の団体戦で、1人ずつ三番勝負です。

ここから、団体戦特有のルールがあります。

対局結果がポイントになり、チームごとのポイント数でリーグ戦の勝敗が決まります。

1対局勝つとプラス1ポイント、負けるとマイナス1ポイント。
2連勝するとプラス2ポイント、2連敗するとマイナス2ポイント。

となります。

また、通常の三番勝負同様に2連勝した場合は、3局目は行われません。

リーグ戦を終えて、ポイントが同数の場合は、各チームリーダー同士が1番勝負を行い、勝者が決まります。

チームは各リーダーが選ぶドラフト制

団体戦のチームは、A級レジェンド棋士たちがリーダーで、他の2人を選ぶドラフト制となっています。

レジェンド棋士12名は、

  • 豊島将之竜王・名人
  • 渡辺明三冠
  • 永瀬拓矢二冠
  • 木村一基王位
  • 佐藤康光九段
  • 三浦弘行九段
  • 久保利明九段
  • 佐藤天彦九段
  • 広瀬章人八段
  • 糸谷哲郎八段
  • 稲葉陽八段
  • 羽生善治九段

です。

スポンサードリンク

羽生九段のチームは、AbemaTVの藤田晋社長が総監督のAbemaドリームチームとして、特別参戦とのことです。

この棋士たちがドラフトで選ぶということですね。

ドラフト会議の中継

ドラフト会議の中継も、もちろんAbemaTVにて、行われます。

中継は、2020年4月4日(土)19時~20時30分です。

AbemaTVはこちら

野球のドラフトとかも見ていて面白いですし、最強のA級棋士がプロ棋士を選ぶということで、絶対に面白いですね。

それに、プロ棋士のドラフトなんて見たことないですし、伝説が見られるかもしれません。

ドラフト予想開催中

どんなチームになるのか? そのドラフト予想が開催されています。

チームを当てると、そのチーム全員のサイン入り色紙が当たります。

また、全12チーム当てると、ピタリ賞として、「日本将棋連盟1日会長になれる権利」ももらえます。

ドラフト予想はツイッターアカウントがあれば、簡単にできますし、何度も選べますので、楽しみながら選んでみてはいかがでしょうか。

それで当たったら、サイン入り色紙ももらえますし、悪くないと思います。

第3回AbemaTVトーナメントドラフト予想はこちら

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*