桂馬の語源は?桂馬の桂は何に由来する?調べてみた。


桂馬

面白い話題があったので、そちらを取り上げてみたいと思います。

それは、桂馬の語源ですね。

桂馬は桂馬だとしか考えたことがなかったので、気にしたことがなかったです。

言われてみると、確かに気になります。

馬は馬でいいと思うんですよね。1つ飛んでいますし、馬っぽい感じが現れていると思います。

問題は「桂」のほうですね。

佐藤紳哉七段は、「かつら」「かつら」と言って、持ちネタを披露していますが、当然のことながら「かつら」から来ているわけではありません。

そもそもかつらだったとしても、植物のかつらになるので、頭のかつらにはなりません。

この桂は、肉桂から来ています。

肉桂は、シナモンのことです。

平安時代では、貴重品だった香料の名前を取って名付けられたようです。

それ以上のことは書かれていませんでした。

スポンサードリンク

桂馬が重要な駒だから、貴重品の香料から名付けたのでしょうか。

1つ飛んで動けるのは桂馬だけですし、逃げる以外に受ける手がないですし、強いですよね。

逃げる以外に受ける手がないというのは、合駒が効かないということですね。

香でも大駒でも合駒で利きを止めることができますが、桂馬の利きを止めることはできませんので、そういう意味でも貴重な駒となります。

とは言え、将棋の駒全部が金銀財宝から来ていて、金・銀はそのままですし、香も香料から来ているとのことなので、桂馬だけが貴重ということでもないんですよね。

1つ考えられるのは、中国からシナモンが伝来したので、遠くから来たということで、1つ飛びで動けるのかなという気もします。

ちなみに、桂馬が成ったときの成桂の駒の字は、金の崩し字です。

こういった言葉の語源を調べるのも面白いですよね。

また、色々と調べてみたいなと思いました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*