居合い抜き超速封じの升田流向かい飛車!飯島流引き角戦法にはどう対策する?


将棋クエスト5分切れ負けにて、対局しました。



スポンサードリンク

私が先手番です。

最近、私の中で流行っているゴキゲン中飛車にしようかと思ったんですが、相手の方はすぐに△8四歩△8五歩と突いてこられて、▲7七角の形を強要されました。

升田流向かい飛車

ここから、▲5八飛とゴキゲン中飛車にしても一局だと思います。

おそらく、△7四歩~△7三銀~△6四銀と居合い抜き超速と呼ばれる戦法を取られるのではないかと思います。

居合い抜き超速は、角道を開けない超速のことですね。

超速は、速めに6四銀型にすることです。

居合い抜き超速でも、振り飛車側が悪いということはないんですが、相手の方が得意そうだったので、裏をかいて▲8八飛と向かい飛車にして、升田流向かい飛車にしました。

そこからはお互い囲い合って、相手の方は飯島流引き角戦法にしましたね。

升田流向かい飛車

飯島流引き角戦法の弱点とは?

飯島流引き角戦法は、△3四歩と角道を通さずに美濃囲いを組むことができるため、角道を気にしなくて良くなりますね。

居飛車は玉を角ラインに入る方に組むので、それが怖いんですよね。

角ラインと端を使って攻められてしまいますので。

飯島流引き角戦法には、そういったことに対しても、強くなっています。

非常に優秀な戦法ではあるんですが、弱点もあります。

角頭ですね。

角が丸いので、5四の歩をどう守るのか? というのが難しくなってきます。

ということで、角頭を狙ってみました。

升田流向かい飛車

相手の方は、飛車を浮いて守りましたね。

▲6六角と上がるのはありましたね。

なぜかそれが見えなくて、銀が動けなかったので取られるんじゃないかと焦ってしまって、▲5五歩△同歩と突き捨ててしまい、ただで取れそうだった歩を逃してしまいました。

スポンサードリンク

これは良くなかったです。

そこで、▲6六角が見えて、△2四飛と逃げて、▲5五角と歩を取り返して、△4四角▲同角△同飛と角がさばけました。

相手の陣形もしっかりしているので、このさばき自体は互角だと思います。

飛車は戦いの起こる筋へ

5筋がキレイに開いて、戦いが起こりやすそうだったので、▲5八飛と5筋に飛車を振りました。

升田流向かい飛車

▲8六歩から突いていくのは遅そうですし、あんまり振り飛車っぽい感じもしないので。

振り飛車なら▲5八飛なのかなと思いました。

△8四飛と戻ったので、▲5三歩と叩きました。

逃げれば利かしになるかなと思っていましたが、△同銀と強く取って来られまして、▲7五角から飛車が逃げて金銀と角の2枚替えができて、龍も作ることに成功しました。

升田流向かい飛車

これは攻めが決まったとみていいのではないかと思いますが、問題はここからですね。

将棋は最後の最後まで分かりませんので、気は抜けません。

遊び駒は活用すべきだけど…

どうやって攻めていくかは難しかったんですが、取りあえず遊んでいる銀をなんとかしないといけないと思い、▲5四銀~▲4三銀成と銀をさばくことにしました。

ただ、△同銀▲同龍△3二銀でまた美濃囲いが作られるので、手損したマイナスの方が大きかったかもしれません。

升田流向かい飛車

その間に桂・香拾われたので、銀を駒台に置くのとタダで桂・香取られるのでは、桂・香取ったほうが絶対に価値が高いですからね。

とは言え、他の攻め手も難しいので、そうするしかなかったかもしれませんが…

この辺りは、本当に難しいですね。

手が分からないときは確実な攻め

銀をさばいた後も、どう攻めればいいか分からず、歩を垂らして、と金で攻めることにしました。

升田流向かい飛車

時間はかかりますが、確実ですので。

早指しの場合は、こういった確実な攻めの方がいいのかなと思っています。

ひねった攻めを考えようとして、時間がなくなったら、全く意味がありませんので。

また、確実な攻めは相手を焦らせることにもつながるので、プレッシャーを与えることもできるのかなと思います。

相手に攻められながらも、何とかと金を作ることに成功しました。

升田流向かい飛車

5三のと金に負けなしという格言もあるぐらいですし、ここにと金ができるのは大きいですね。

あとは相手の攻めをなんとかかわして、寄せきることができました。

升田流向かい飛車

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*